Webデザインの重要性!ブランディングと3つのNot+1の攻略

どうも、Naotoです。

今回はWebデザインの重要性や効果についてお話しします。

ネットビジネスではコピーライティングが重要だと主張している方は多いですが、

デザインが重要だと考えている方は少なく、実際にWebデザインは軽視されています。

 

もちろん、コピーライティングは重要です。

ネットビジネスでは相手に何かを伝えるにも、コンテンツを作成するにも、

その根源となっているのはコピーライティングだからです。

 

ですが、コピーライティングだけあればそれで十分か?というとそうではありません。デザインも重要です。

そして、以下でデザインがもたらす効果を紹介します。

3秒ルール

人はWebページを開いた時に、そのページに興味があるかないかを最初の3秒で判断すると言われています。

つまり、最初の3秒で興味を惹けないとそのページは閉じられてしまうということです。

 

そして、その興味を惹くために必要なのが以下の2つです。

  • コピーライティングであればキャッチコピー
  • デザインであればパッと見の印象(デザイン性)

 

3秒という時間は短く、ページを注意深く見るというよりは「眺めている」状態ですので、

キャッチコピー(コピーライティング)とパッと見の印象(デザイン)はどちらも重要だと言えます。

 

3つのNot+1の攻略

コピーライティングの大前提条件に「3つのNot」があるのですが、実はもう一つの心理的な壁が存在します。

 

それは「Not open(開かない)」で、まさに先ほどお話した最初の3秒にあたります。

そしてNot open(開かない)の壁を越えるにはデザイン性も重要だということもお話しました。

 

ブランディング構築

デザインにはブランディングを構築できる効果もあります。

 

例えばあなたのことを「この人は凄い人だ!」と思ってくれている人がいるとします。

この状態がブランディングです。

 

つまり、その人にとってあなたはブランディングになっているということです。

ある人にとってはブランディングではないが、

別のある人にとってはブランディングである。

このようにブランディングとは個人が抱く主観的な感情で、これがブランディングの正体です。

 

そしてブランディングを構築するための2つの要素があります。

1つは機能的価値

もう1つは感情的価値です。

 

機能的価値は役に立つかどうかで、感情的価値は好きか嫌いかです。

主にこの2つによってブランディングが構築されるのですが、

どちらかというと、機能的価値よりも感情的価値を高めた方がブランディングの効果は大きくなります

 

そして、デザインには感情的価値を高める効果があります

つまり、デザインにはブランディングを構築できる効果があるということです。

 

特に最近はネットビジネスの情報発信をする方が増え、様々なサイトやブログがネット上に存在します。

ですので差別化を図るためにもデザインはとても重要で、

デザインの価値に気づいている方というのは、これからどんどん注目されやすくなるでしょう。

 

もしあなたが今までデザインを全く気にしていなかったのであれば、

少しずつでも意識してもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です