アフィリエイトのASPとは?楽天やアマゾンなどのおすすめを紹介

今回はアフィリエイトを行う為に欠かすことのできないASPについてお話します。

ASPとは?

ASPはアフィリエイト・サービス・プロバイダの略で、

ネット上の広告代理店という位置づけです。

 

商品を販売したい(広めたい)広告主と、

アフィリエイターの橋渡しをしているのがASPというわけです。

 

そして一言でASPと言っても様々なASPが存在していて、

色々な案件(アフィリエイト広告)を扱っています。

 

また、アフィリエイターはまずASPに登録しないことには

アフィリエイトを行うことが出来ません。

 

アフィリエイトを行うにはまずASPに登録して、

登録したASPが扱っている案件(アフィリエイト広告)を選択する必要があります。

 

ASPによる違い

各ASPによって様々な違いがあるので、その違いについていくつか紹介します。

 

まずは、『扱っているジャンルや案件』です。

例えば物販のみを扱っているASPもあれば、

物販の他にサービス(クレジットカードの契約)を扱っているASPなど、

それぞれ扱っているジャンルや案件が異なります。

 

次に『提携企業数』です。

提携企業数とは広告主の数で、それはつまり案件の数ということになります。

扱っている案件が多いところもあれば、少ないところもあるということです。

 

次は『審査の有無』です。

全てのASPが登録すれば利用できるというわけではなくて、

審査を儲けているところもあります。

 

広告を掲載するのに相応しいアフィリエイター(サイト)かどうか?

というのを審査するということです。

 

ただ、審査と言っても難しい審査基準ではありませんので、

ほとんどのASPは問題なく登録することが出来ます。

 

次は『報酬』に関してです。

まず、『報酬の支払基準』について。

アフィリエイトには報酬支払基準というのがあって、

例えば報酬支払基準が3千円の場合、

3千円以上の報酬を上げることで支払いが開始されます。

 

逆に1千円、2千円しか報酬が上がらず、

3千円の報酬支払基準に満たない場合、報酬の支払いは翌月に持ち越され、

合計で3千円を超えれば報酬の支払いが開始されるということです。

 

そして『報酬の支払い』について。

ASPによって報酬が支払われる日が違います。

 

以上、ASPを選ぶ際には

  • 扱っているジャンルや案件
  • 提携企業数(案件の数)
  • 審査の有無
  • 報酬に関して

これらを確認する必要があります。

 

特に報酬に関してはしっかりと確認、把握するようにしましょう。

 

有名(オススメ)なASP

信頼できてオススメの有名ASPには、

主に物販の案件を扱っている

楽天アフィリエイト

アマゾン・アソシエイト

実際に楽天やアマゾンで販売されている商品の案件を扱うことが出来ます。

 

クリック保証型の広告を扱っている

グーグルアドセンス

YouTubeに表示される広告もGoogle AdSenseです。

 

また、商品の他にサービスの案件も扱っている

A8.net

バリューコマース

サービスというのは例えばクレジットカードの契約という様な案件です。

 

そして、主に情報商材を扱っている

インフォトップ

 

以上のASPが有名で、多くのアフィリエイターが信頼して利用しているおすすめのASPです。

ASPによって特徴が異なりますので、色々と比較検討して選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA