リンク切れをチェックしてくれるプラグインBroken Link Checker

どうも、Naotoです。

今回は「ワードプレスのリンク切れをチェックしてくれるプラグインBroken Link Checker」についてお話しします。


リンク切れが与える影響

■ ユーザビリティの低下

リンク切れがあると、ユーザビリティの低下に繋がります。

 

例えば、ダイエットに関するサイトを閲覧していて、

効果の高いダイエット方法はこちら⇒リンク

と、リンクが貼ってあるにも関わらず、

いざリンクをクリックしたら「ページが存在しません」と表示されったら落胆してしまいますよね?

 

その結果、サイトの信頼度は少なからず(場合によってはかなり)下がってしまいます。

 

他には、

1章(リンク)→2章(リンク)→3章(リンク)と記事があったとして、

章の間のリンクが切れていたら、「次はどこのページに行けばいいんだよ・・・」と、

ユーザーが困惑してしまいます。

 

 

■ SEOの低下※直接関係は無いが・・・

リンク切れが与える影響として、直接関係するわけではありませんが、

SEOの低下に繋がる可能性もあります。

 

例えば、内部リンクがリンク切れしていると、

サイトを巡回する検索エンジンのクローラーの巡回頻度が減ってしまうということが考えられます。

 

Broken Link Checker

Broken Link Checkerは、インストールして有効化しておけば、

自動で定期的にリンクをチェックしてくれて、(チェックする頻度を変更できます)

リンク切れを発見した場合、ワードプレスのダッシュボード画面に表示されます。

 

また、Broken Link Checkerの設定項目にメールアドレスを設定しておけば、

リンク切れを通知してくれるという設定をすることも出来ます。

 

リンク切れというのは特に発リンクの場合、相手側の都合で急にリンクが切れることがありますので、

Broken Link Checkerを使用して、その都度リンク切れを対応していくことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA