星野温泉トンボの湯とそば屋「ながめ」に行ってきました

Naoto
じぶんライフ・クリエイターのなおとです。
天気が良く、雲一つない青空が広がっていたので、気分転換に大好きな温泉に行ってきました。

>>Naotoの非常識なプロフィールはこちら

星野温泉「トンボの湯」

今回行ったのは、星野温泉「トンボの湯」。

軽井沢の星野リゾートエリア内にある温泉施設です。

tonbonoyu2

画像:https://onsen.nifty.com

軽井沢星野エリアには温泉の他にも宿泊施設、レストラン・ラウンジ、食堂、カフェ、ショップなど、様々な施設があり、自然好きの僕にとってはたまりません。

平日でしたが、天気が良いこともあって駐車場はほぼ満車。

温泉近くのカフェもとても賑わっていました。

そして、いざ「トンボの湯」へ!

img_2136

受付で入浴料を支払います。

img_2137

料金は、大人1,300円子供(3歳〜小学生)750円

タオルのレンタルはフェイスタオルとバスタオルのセットで300円です。

GW中は利用料金が若干上がって、大人1,500円、子供1,000円になるみたいですね。

img_2135

温泉も混雑しているのかと思いきや、そこまで人がいなくてホッとしました。

お昼時だったので、ランチ目的の人が多かったのでしょう。

こちらが男湯の入り口です。

img_2140

女湯の入り口は向かいにあります。

img_2143

中には、内湯、露天風呂、サウナ、水風呂がありましたが、僕は内湯が特に気に入りました。

tonbonoyu

画像:http://www.hoshino-area.jp

内湯といっても、露天風呂のように景色を見ることが出来るので、緑を見ながらゆったりと浸かることで身も心もリフレッシュします。

もちろん、露天風呂も良かったです。

tonbo-roten

画像:http://www.hoshino-area.jp

露天風呂は、緑に加えて空も見渡せるので、上を見ながら温泉に浸かっていると、まるで森の中のオアシスにいる気分になります。

今回のような晴天の日には最高です。

ちなみに、浴槽の温泉は源泉100%のかけ流しで、新鮮なので飲むことも出来るそうです。

僕は飲みませんでしたが。

温泉を飲むことには少し抵抗があります ^^;

効能としては、腰痛症、冷え性、疲労回復、皮膚乾燥症などに良いといいます。

 

温泉の後は外でまったり

心も体も温まった後は、温泉入口にある木の椅子に腰掛け、景色を見ながら30分ほど読書をしました。

左を向いても右を向いても自然豊かな抜群の景色の中で本を読むのは、開放感があってとても気持ち良かったです。

img_2138

当然、混雑している日であれば椅子に座ってゆったり読書なんて出来ないので、タイミングに恵まれました。

img_2141

その後、お腹が空いてきたので食事をすることに。

温泉に入る前は混雑していたカフェも帰り際には落ち着いていました。

img_2132

でも、僕は「そば」を食べたかったのでカフェには寄らず、近場で蕎麦屋さんを探すことにします。

 

星野温泉周辺のそば屋を探す

「その辺走ってれば蕎麦屋あるでしょ」

そんな軽いノリでリサーチもせずに車を走らせます。
(僕はこういったフラフラする旅が大好きです)

すると、直ぐに(数分のところに)蕎麦屋さんがありました 笑

お店の名前は「ながめ」。

「そば・味自慢」というのれんと、昔ながらのお店の佇まいに期待が高まります。

img_2147

お店に入ると、常連さんらしき先客が1組いて、年配の店員さんが接客をしています。

席に座って少しだけ周りを見渡す限り、夫婦で営んでいる様子でした。

そして、メニューにあったオススメの「ぶっかけそば」を注文します。

img_2144

注文したぶっかけそばが運ばれてきた瞬間、僕は思わず、「これ、好きだ・・・」と口にしました。

めんつゆは最初から入っているのではなくて、別で用意されており、自分でぶっかけるタイプですね。

味は、美味かったです。
(食レポ下手ですみません ^^;)

温泉に入った後ということもあって、より美味く感じました。

そして、お腹も満たされたことで、まだお昼の2時くらいでしたが、帰路につきました。

 

最後に

今回行った、軽井沢の星野温泉「トンボの湯」は、僕の中で上位3位に入る心地よさです。

1年を通して春夏秋冬の景色を楽しむことが出来る温泉なので、また来ることにします。

紅葉シーズンはもちろん、雪景色を見ながら浸かる温泉も最高に気持ちよさそうですね。

機会があれば行ってみては如何でしょうか。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

=======================

「すみません・・・。会社辞めます。」

僕は上司にそう伝え、自分の人生を生きると決意。

10年の会社員生活にピリオドを打った僕は、
お金も人脈も特別なスキルも、
何もない状態で起業しました。

当時、パソコンすら持っていなかったので、
常識的に考えればかなり頭のおかしい選択です。

しかし、気が付いたら会社員時代の
5倍以上の収入を得ていました。

今は時間や場所を気にすることなく、
自分の意思で様々な選択や決断を自由にしています。

今の時代、個人が会社に依存せずに
自分らしいライフスタイルを実現させることは、
難しいことではありません。

事実、僕が関わる人達も、
サラリーマン、主婦、学生、問わず、
自分の力で収入を生み出しています。

以下の記事では、僕の生い立ちから
現在に至るまでの物語を綴っています。
↓  ↓  ↓
会社の危機で人生変わった話

=======================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA