アイデアが浮かぶ条件とアイデアを生み出す方法

どうも、Naotoです。

今回はアイデアの生み出し方についてお話しします。

いいアイデアが思い浮かばない・・・

いいアイデアがなかなか思い浮かばずに、時間だけが刻々と過ぎていく・・・なんていう経験はあなたもあるかと思います。

 

そういった時は思い切って手を止めてみることをオススメします。

同じ環境でいくら悩んだところでいいアイデアというのはそう簡単に思い浮かぶものではありません。

 

外に出てみるなど、一旦リフレッシュすることによって頭がすっきりとしてアイデアが浮かびやすくなります。

 

アイデアが生まれる条件

アイデアは何もないところからは生まれません

 

アイデアを生み出すには条件があって、それは「知識がある」「思考を巡らしている」、この2つです。

 

まず、「知識がある」ということについてですが、アイデアというのは自分の持っている知識の中から生まれます。

もちろん、新しく取り入れた知識も含まれます。

 

つまり、知識と知識が融合することで新しいアイデアが誕生するということです。

ビジネスで言えば、ビジネスの知識とビジネスとは全く関係のない知識(趣味や娯楽など)が融合して斬新で面白いアイデアが生まれたりします

 

そして、知識が融合する(アイデアが浮かぶ)時というのはリラックスしている時が多く、あなたも経験があるのではないでしょうか。

ちなみに僕の場合は、アイデアが浮かぶ時というのはお風呂に入っている時が多いです。

 

ここで必要なのがアイデアを生み出す条件の2つ目「思考を巡らしている」ということ。

 

当然ですが、いくらリラックスしているからといっても全く「無」の状態ではアイデアは誕生しません

アイデアを誕生させるには先ほどお話した通り、知識と知識を融合させる必要があるからです。

 

ですので、リラックスしている中でも思考を巡らしていることが重要になってきます。

程よくリラックスしている状態で思考を巡らすことによってアイデアが浮かびやすくなります。

 

また、自分に新しい刺激を与えるというのもとても有効な方法です。

例えば、オシャレなレストランで食事をしたり、旅行をするなど。

 

そしてその際は、「自分のビジネスに取り入れられないかな?」といったように、

自分のビジネスと結びつける思考をして素晴らしいアイデアを生み出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA