プレゼンソフトのKeynoteで動画を作る方法!スライドショー動画の編集

Naoto
じぶんライフ・クリエイターのNaotoです。
今回はMacのプレゼンソフト「Keynote」を使ったスライドショー動画の作り方について解説します。

>>Naotoのプロフィール

プレゼンソフトを使えば、簡単なオープニング、エンディングの作成はもちろん、スライドショー動画(素材)を作成することも出来ます。

特にMacにインストールされているKeynote(キーノート)はオシャレなエフェクト効果があるので、動画素材にはもってこいです。

ただし、プレゼンソフトで動画を作成する場合は画面をキャプチャ(録画)する必要がある為、あくまでも動画作成の1つの手段だと考えて下さい。
 

スライド1の解説

画像とテキストを挿入して、テキストにはアニメーションのフラッシュバブルを適用しています。

スライドの切り替え時には、トランジションのモザイクを追加しています。


 

スライド2の解説

背景を挿入して、テキストにトレースというアニメーションを使っています。

スライドの切り替えには、トランジションのオブジェクトズームを追加しています。


 

スライド3の解説

テキストの背景を図形で作成。

テキストにはタイプライターをアニメーションを使って、文字が流れるように設定しています。


 

スライド4の解説

画像を3つ並べてアニメーションを追加。

補足テキストと画像を順番に表示させるように設定しました。素材を表示させる順番を変更するには、ビルドの順番で設定できます。


 

スライド5の解説

背景の明るさを不透明度で調整して、テキストを見えやすくしています。


 

スライド6の解説

スライド4を複製。3つの画像の上に、画像を更に載せてアニメーションで表示させています。


 

最後に

今回はMacのKeynoteを使用して動画素材を作成しましたが、Windowsのパワーポイントでも作成することが出来ます。

また、動画本編ではなく、オープニング、エンディング、動画内で使用する素材など、特定の部分を作成する際もプレゼンソフトは有効なので、ぜひ試してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA