内部リンク時のコメント通知を防ぐプラグインNo Self Pings

Naoto
じぶんライフ・クリエイターのなおとです。
Naotoの非常識なプロフィールはこちら

今回は「内部リンク時のコメント通知を防ぐプラグインNo Self Pings」についてお話しします。


ワードプレスがデフォルトの場合、内部リンク時にピンバックが送信されて、

内部リンクを貼る都度、コメント通知がされてしまうといった現象が起こることがあります。

ピンバックとは?

ピンバックとは、ワードプレスブログ同士で相互リンクを行える仕組みのことです。

 

例えば、

他の人が公開している記事があるとします。(サイトB)

 

そしてあなたがその記事を参考に自分の記事を書き、(サイトA)

記事内に相手サイトの記事リンクを載せて投稿します。

「サイトA」→ピンバック送信→「サイトB」

 

そうするとこのように↑

相手のサイトにピンバックが送信されます。

 

ピンバックを受信した相手(サイトB)の記事内には、ピンバックを送信したあなたのURLが自動で表示されます。

 

このように、ピンバックを送信することによって簡単に相互リンクが出来るというわけです。

 

No Self Pings導入のメリット

冒頭にも書きましたが、ワードプレスがデフォルトの場合、

内部リンク時にピンバックが送信されて、内部リンクを貼る都度にコメント通知がされてしまうといった現象が起こることがあります。

 

かなり鬱陶しく感じてしまう現象ですが、

「No Self Pings」というプラグインを導入することによって解消することが出来ます。

 

No Self Pingsを導入すると、

ピンバックが内部リンク時にのみ無効になり、内部リンク時のコメント通知を防ぐことが出来ます。

 

No Self Pingsは特に設定することは無く、簡単に導入できますので、

動画を参考にしてもらえればと思います。

=======================

「すみません・・・。会社辞めます。」

僕は上司にそう伝え、自分の人生を生きると決意。

10年の会社員生活にピリオドを打った僕は、
お金も人脈も特別なスキルも、
何もない状態で起業しました。

当時、パソコンすら持っていなかったので、
常識的に考えればかなり頭のおかしい選択です。

しかし、気が付いたら会社員時代の
5倍以上の収入を得ていました。

今は時間や場所を気にすることなく、
自分の意思で様々な選択や決断を自由にしています。

今の時代、個人が会社に依存せずに
自分らしいライフスタイルを実現させることは、
難しいことではありません。

事実、僕が関わる人達も、
サラリーマン、主婦、学生、問わず、
自分の力で収入を生み出しています。

以下の記事では、僕の生い立ちから
現在に至るまでの物語を綴っています。
↓  ↓  ↓
会社の危機で人生変わった話

=======================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA