外部SEOとは?被リンクの効果について解説

どうも、Naotoです。

今回は「外部SEOと被リンク 」についてお話しします。

SEOには内部SEOと外部SEOの大きく分けて2種類があると、こちらの記事でお話しました

SEOとは?初心者でも理解できるように動画で解説

今回は外部SEOについてです。

 

外部SEOとは?

外部SEOとはサイトの外部要因によるSEO対策のことで、外部SEOですることは主に被リンクの獲得です。

 

被リンクとは?

被リンクというのは、バックリンクとも呼ばれていて、

他のサイトやページからリンクをもらうことを被リンクと言います。

 

そして被リンクがあるサイトは検索エンジンを司っているグーグルから良質なサイトだと判断され、

サイトの評価が高くなる傾向にあります。

 

そもそも検索エンジンには、人間の感情がありませんので、

ネット上に公開されているサイトや記事がどれくらい為になる情報なのか?というのを内容だけで判断することが出来ません。

 

ですので、検索エンジン(グーグル)は、被リンクをサイトを評価する1つの指標にしているというわけです。

 

被リンクを獲得する方法

被リンクを獲得するには

・相互リンク・・・お互いにリンクを貼り合う

・サテライトサイト・・・被リンクを送るためにサイトを作成

・サイトに登録・・・(例)ランキングサイトに登録

無料、有料で獲得・・・被リンクを提供しているサイトや業者

ナチュラルリンク・・・記事が共有されるなどして自然につく被リンク

などの方法がありますが、

効果の有無や注意が必要な被リンクもあります

 

効果的な被リンク

効果的な被リンクは、

・ナチュラルリンク

・グーグルからの評価が高いサイトからの被リンク

・コンテンツの量・質が充実したサイトからの被リンク

・ジャンルなど、関連性があるサイトからの被リンク

などがありますが、良質とされているのはナチュラルリンクで、

グーグルが最も好む被リンクです。

 

そして、僕達もナチュラルリンクの獲得に力を注がなければいけません

 

 

ナチュラルリンクはSNSをイメージしてもらえれば分かりやすいのですが、

例えばツイッターやフェイスブックでは面白い情報や、為になる情報を共有しますよね?

 

それと同じ原理で、ユーザーの為になるようなコンテンツを作成することによって、

被リンクは“自然につく”ようになります。

 

被リンクの効果について

先ほどSNSの例でも挙げたように、

本来、被リンクは多くの人に価値を提供できているから獲得できるものです。

ですので、グーグルは被リンクが多いサイトは「多くの人の役に立っている情報」と判断し、評価していました。

 

ですが、自作自演による過剰な被リンクが増えて価値のないサイトが上位表示されるようになってしまったので、

徐々にアルゴリズムが変更され、現在は被リンクの量よりも質が重要視されています。

 

被リンクは以前よりもSEOの効果が無くなってきたと言われていますが、

SEO対策に欠かせない要素であることに変わりはありませんので、

ユーザーの為になるコンテンツでサイトを充実化させ、多くのナチュラルリンクを獲得できるようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA