パーマリンク設定をカスタム構造に変更して最適化

ABOUTこの記事をかいた人

Naoto@じぶんライフ・クリエイター

20代後半で脱サラして起業。複数のWebメディア運営、動画・デザイン制作など、主にインターネットを使ったビジネスをしています。 個人が会社に依存することなく、場所と時間にとらわれずPC1台で自由に稼ぎ、自分らしいライフスタイル『じぶんライフ』を実現してもらう為の活動に注力中。

今回は「パーマリンクの設定」についてお話しします。


パーマリンクとは?

パーマリンクとはブログの記事一つ一つに割り当てられるURLのことで、

パーマリンク設定とは、ページURL(記事URL)を最適化するという設定です。

 

例えば、この記事のURLは『http://naoto001.com/permalink-1048 ‎』 ‎で、

パーマリンクを設定して色のついた部分を最適化することで、SEO対策になります

 

パーマリンクを変更する

最初はデフォルト設定になっていますので、カスタマイズ構造に変更します。

 

オススメのパーマリンクは2つあり、

1つは『投稿名と記事ID』で構成されたパーマリンク設定です。

/%postname%-%post_id%/

 

もう1つのオススメは『カテゴリーと投稿名』のパーマリンク設定ですが、

カテゴリーと投稿名のパーマリンク設定に関しましては、カテゴリー設定と合わせてこちらで解説しています。

カテゴリーとパーマリンク設定

 

以上のカスタム構造にパーマリンクを設定したら、

記事を投稿する都度、記事に関連するパーマリンクに設定をする必要があります

 

 

例えば、この記事はパーマリンクについての記事ですので、

http://naoto001.com/permalink-1048 ‎』 ‎という設定にしたわけです。

 

パーマリンク変更の注意点

パーマリンクを変更する上で十分に注意しなければいけないのが、

パーマリンクを変更すると記事のURLが全て変更されてしまうということです。

 

つまり、いくらパーマリンクをカスタム構造にした方がいいからと言って、

あなたが既に数十記事と投稿している状態でパーマリンクを変更してしまうと、

今までの記事URLが全て違うURLになってしまいます

 

ですので、既に多くの記事がある場合はパーマリンクを変更することはオススメしません。

 

しかし、記事数が数記事とか10記事程度であれば1つ1つ変更できる量だと思いますので、(内部リンクなどは面倒ですが)

可能なら変更してみましょう。

自由ワーカーになる為のSPパッケージを期間限定でプレゼント(有料級)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA