ping送信とは?設定と送信先リスト

Naoto
じぶんライフ・クリエイターのなおとです。
今回は「ping送信」についてお話しします。

Naotoの非常識なプロフィールはこちら

ping送信とは?

ping送信とは、最新情報を通知する機能で、記事を更新した際に「記事を更新しましたよ」というのを知らせるというものです。

送信先はpingサーバーといって、更新情報を受け付けているサーバーです。

そしてpingサーバーには検索エンジンのクローラーが頻繁に巡回しています。

つまりping送信をして、検索エンジンに更新情報を見つけてもらうことで、検索エンジンにインデックスされるスピードを早めることができるというわけです。

ping送信先

ping送信先には、フリーで利用できるものと、登録が必要なものがあります。

フリーはping送信先URLが公開されており、誰でも利用可能です。
手軽に出来るので量産用サイト向きというのが特徴です。

登録の方は、登録をすることでping送信先URLを取得できます。

手間が掛かる分、効果が高いのでメインサイトにオススメです。

ping送信の注意点

ping送信の注意点はいくつかありますますが、今回は4つご紹介します。
 

ping送信先の数

ping送信の数が多いと、記事を更新するときに動作が重くなってしまいます。

ping送信先は20~30個ほどで十分です。
 

ping送信先の重複

ping送信先が重複していると、スパム判定を受けて受信拒否される可能性があります。
 

記事の更新頻度

ping送信は記事を更新した瞬間にされます

記事の修正などで何度も何度も同じような内容でping送信してしまうと、これもスパム判定を受ける恐れがあります。
 

リンク切れ

ping送信先のリンクが切れていたり、エラーになってしまっていることがあるので、たまにチェックして必要ないping送信先は削除しましょう

ping送信先リスト

ping送信先リストの種類は以下の2つがあります。

  • フリーping送信先
  • 登録が必要なping送信先

 

フリーping送信先

以下はフリーで利用できるping送信先の一覧です。

※リストのping送信先リストは頻繁にチェックを行っているわけではありませんので、参考程度にしておいて下さい。

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blog.with2.net/ping.php/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://hamham.info/blog/xmlrpc/
http://ping.blogranking.net/
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://ping.exblog.jp/xmlrpc
http://ping.fc2.com/
http://ping.feedburner.com
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://ping.sitecms.net
http://pingoo.jp/ping/
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://serenebach.net/rep.cgi
http://taichistereo.net/xmlrpc/
http://www.bloglines.com/ping
http://www.i-learn.jp/ping/
http://xping.pubsub.com/ping/

登録が必要なping送信先

人気ブログランキング(取得方法を動画で解説)

にほんブログ村

PVランキング

BlogPeople

blogram

=======================

「すみません・・・。会社辞めます。」

僕は上司にそう伝え、自分の人生を生きると決意。

10年の会社員生活にピリオドを打った僕は、
お金も人脈も特別なスキルも、
何もない状態で起業しました。

当時、パソコンすら持っていなかったので、
常識的に考えればかなり頭のおかしい選択です。

しかし、気が付いたら会社員時代の
5倍以上の収入を得ていました。

今は時間や場所を気にすることなく、
自分の意思で様々な選択や決断を自由にしています。

今の時代、個人が会社に依存せずに
自分らしいライフスタイルを実現させることは、
難しいことではありません。

事実、僕が関わる人達も、
サラリーマン、主婦、学生、問わず、
自分の力で収入を生み出しています。

以下の記事では、僕の生い立ちから
現在に至るまでの物語を綴っています。
↓  ↓  ↓
会社の危機で人生変わった話

=======================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA