Naotoのプロフィール

じめまして!

僕のブログに訪れて下さり本当にありがとうございます。

このブログを運営しているNaoto(なおと)と申します。

あなたがどのような経由で僕のブログに訪れて下さったのかは分かりませんが、恐らく「はじめまして」だと思うので、自己紹介をさせて下さい。

僕は埼玉県出身の32歳。
現在は妻と2人で、自然豊かな群馬県で暮らしています。

32歳と言っても、ただの三十路ではありません。

僕はかなり童顔らしく、大学生20代前半によく間違われるんです。

水道屋
今日は学校休み?
Naoto
いや、僕、社会人です・・・
宅配業者
大学生だよね?
Naoto
いや、僕、これでも30代です・・・

こんなやり取りは日常茶飯事で、初対面の人にタメ口で話されるのも慣れました。

会社に勤めていた時も、年下に友達口調で話しかけられて、後から僕のことを年上と知り、謝られたなんてこともありましたしね。

童顔に加えて声も高めなので、より幼く思われるのでしょう。
 

まぁ、僕の童顔エピソードはさておき、「会社に勤めていた時」とお話しした通り、僕は現在、会社に勤めていません。

それでは、何をしているのか?と言うと、個人でインターネットを使って収入を得ながら生活しています。

「ん?コイツ、怪しい匂いがするぞ・・・」

もしかしたら今、そう思いましたか?(笑

でも、それが普通の感覚だと思います。

実際に僕もネットで稼ぐとか怪しいと思っていましたし、まさか自分が脱サラしてビジネスをするなんて思ってもみませんでした。

しかし今では、サラリーマンの時にもらっていた収入の5倍以上を自分の力で稼いだりしています。

そして、仕事のほとんどはネット上で完結する為、自宅のリビングはもちろん、気分転換に近くのカフェ旅行先にパソコンを持って行って仕事をするなど、その時の気分で仕事場を選んでいます。

この日はキャンプ先のテントの中が仕事場

僕は温泉に行くのが好きなので、温泉の施設内で仕事をすることも多いです。
(群馬県は関東一の温泉大国として有名なので、機会があれば是非行ってみて下さい!)

使える時間も自由なので、気分が乗らない日や、リラックスしたい時は仕事をしません。

結構ワガママな生き方をしていますが、それでも、そこそこの収益が上がっていたりします。

例えば、検索エンジンで有名なグーグル社からの報酬。

この月は3日くらいしか作業していません。

また、これ以外にも収入が発生する仕組みが複数ある感じです。

正直、あまり働かずしてお金が入るなんて究極に怪しいですよね。

完全に世間一般常識から離脱した生き方をしていますし、我ながら好き放題生きているなぁと思います。

でも、それって今に始まったことではなく、思い返せば、僕は少年時代からワクワクを追求していて、やりたくないことはやらないというワガママな生き方をしてきました。
 

好き放題のエブリデイ

例えば小学生の頃、僕はゲームが大好きで、特にFFやドラクエなどのPRGに熱中していました。

その結果、親にバレないように頻繁に学校をズル休みしてゲームをやるという、クソガキ具合を発揮するようになります。

中学ではロックミュージックに目覚め、部活をサボって毎日狂ったようにギターを弾いていました(当時はGLAYとラルクが全盛期)。

ここまでの話だと、インドアな少年時代を送っていたように思うかもしれませんが、実は小学4年生から高校1年までずっとサッカーをやっていて、体を動かすことも好きでした。

「部活サボってんじゃん!」っていうツッコミはなしでお願いします(笑

高校生になった僕は、毎日つまらない勉強をするよりも、「働いてお金を稼いだ方が好きな物買えるし楽しくね?」と思い、高校を中退することに。

その後、すぐに働き始めて、居酒屋、スノーボードショップ、事務作業などのアルバイトから、工場、接客業、営業職などの会社員まで、10年以上に渡って様々な職業を経験しました。

今思い返しても、好き勝手やっていたなぁと思います。
 

働き始めは悪夢の始まり?

働き始めた僕は、連日、休憩なしで奴隷のようにこき使われ・・・

容赦ない長時間のサービス残業や休日出勤・・・

理不尽な上司による罵倒の嵐・・・

僕は社会で揉まれる内に精神を病んでいき・・・

なんていうお決まりのパターンはありません。

もちろん、今まで好き放題生きてきた人間が、いきなり社会に出て働くのは大変でした。

職場には面倒見の良い上司がいて、同じ職場の女の子との会話も弾み、休日はみんなで集まってBBQ♪
給料で好きな物を買いまくる☆

残念ながら、そんな夢に描いたハッピーライフは叶いませんでしたが、それなりに楽しく、充実した日々を過ごせていました。

僕は職場に恵まれていたのか、人間関係は良好で、上司や仲間たちと一緒に楽しく仕事が出来ていたと思います。

一般的に、会社の飲み会や上司と飲みに行くというのは嫌なものとされているようですが、僕は全然、大丈夫でした。

むしろ、上司と飲みに行くのは好きでしたし、飲みに行くのを楽しみの1つとして、仕事でのモチベーションを保つこともあったくらいです。

基本的に、皆で楽しくワイワイするのが好きな性分なんです。

仲がいい上司や後輩とは、プライベートでも遊びに行ったりしていました。

会社の後輩を半年くらい居候させていたこともあります。
時には居候していた後輩(部下)と一緒に出勤するなんてことも。

上司と部下が仲良く出社する姿は珍しいのではないでしょうか。

事情を知らない人から見たら結構ヤバイ光景です。

と、まぁ、この頃まではワクワクすることが多々あり、人生について深く考えることもありませんでした。

「楽しいからいんじゃね?」みたいな。

我ながら楽観的なヤツです。

しかし、そうも言ってられなくなるような出来事が起きるのです。
 

ワクワクに終止符。

そして僕は犬になる

会社に就職した当初は一番下っぱとして気楽に仕事をしていました。

しかし、勤務歴が長くなるに連れて、ほとんど関わりがなかった上層部と近くなっていき、少しずつ緊張感を持って仕事をするようになります。

この頃から、会社とはどういうところなのか?という、今まで考えたこともなかったの部分が少しずつ見えてきたんです。

そう。

会社に必要なのは、従順な犬(人間)という事実。

少なくとも僕が勤めていた会社で求められていたのは突出したスキルや新しい風を吹かす人材ではなく、「いかに会社や上層部に従順な人間であるか」でした。

会社という大きい機械の中にある歯車の1つとして、会社に従って間違いなく正確に動いてもらうことを望んでいます。

つまり、これまでワクワクを追い求めて、好き放題生きてきた僕なんてのは、会社にとって好ましくない人間です。

そして僕は確実に、社会・会社に調教されていきました。

上層部
来月から1日2回出勤してもらうから
Naoto
・・・はい?
上層部
はい?じゃなくて、はい!だろ
Naoto
いや、でも・・・
上層部
・・・(無言の圧力)
Naoto
・・・はい・・・
 

僕は出世と引き換えに時間を大きく失いました。

上層部
今日は人が少ないから1日フルで働いてもらうから
Naoto
え!?丸一日ですか?・・・
上層部
宜しくな?
Naoto
・・・わかりました・・・
 

僕は更に時間を失・・・

上層部
あ、タイムカードは19時で切ってな
Naoto
・・・はい・・・
 

・・・お金と時間の両方を失いました。

こうして僕は自分でも気が付かないうちに、会社に従順な犬になっていきます。
 

犬の末路

会社にとって都合の良い人間へと調教された僕は、「はい」「わかりました」が口癖になっていました。

心の中では「いいえ!」「嫌です!!」って思っているのに、無意識に「はい」「分かりました」と言っているのです。

教育(洗脳)って恐ろしいですよね。

それからは、ワクワクとは正反対の多忙な日々が続きました。

でも、あることがキッカケで僕は会社を辞める決意をします。

その出来事とは、父親と友達が職を失ったこと
そして、僕が勤めていた会社で給料の遅延が多発したことです。

父親はクレーンの運転手で、数十年間ずっと同じ会社に勤めていましたが、いとも簡単にリストラされてしまいました。

その結果、うつ病になり、今は施設で暮らしています。

また、仲の良い友達が勤めていた会社は何の前触れもなく倒産し、職を失いました。

テレビではリストラ、倒産なんてニュースは頻繁にやってますけど、身近にいる人間がそのような境遇に立たされているのを目の当たりにしたことで、よりリアルに感じるようになりました。

僕はその時、思ったのです。

会社に尽くした人の末路がコレかと。

でも、仕方ないのです。
会社にとって必要のない人間は切り捨てられます。

仕方ないのです。
所詮、会社に雇われている身ですから。

ですが、学歴も特別なスキルもない僕はどうすることも出来ません。

また、これまでの人生で、会社に雇われて給料をもらう生き方しか経験していませんし、そもそも他の選択肢を知りません。

「このままでは自分もいつか・・・」

そう思いながらも、会社に従って仕事を続けるしかありません。

しかし、そんなことを言っていられなくなるようなトドメの一撃を受けたのはすぐのことでした。

上層部
ちょっと給料遅れるから
Naoto
はい(無意識)
Naoto
・・・え!?(我に返る)
Naoto
・・・分かりました・・・
 

その瞬間、これまでに味わったことのない危機感を抱き、「どうにか現状を変えなければ・・・」という気持ちに駆り立てられました。

そして、仕事の合間と休日は、スマートフォンで転職や副業についてひたすら調べるようになります。

転職、副業、株、FX・・・

そんな時に出会ったのがインターネットを使って広告収入を得る仕事(アフィリエイト)でした。
 

VIVA!インターネット

インターネットを使う仕事と聞くと凄く難しそうですが、実際はそんなことありませんでした。

会社員と違い、学歴、資格、経験など何も無くても出来てしまいます。

また、資金が無くても始められるので、リスクが無いと言っても過言ではありません。

学歴、資格、スキル、経験、資金が一切なかった僕は「今の自分にはこれしかない!」と思いました。

そして、唯一必要だったパソコンを購入し、やる気だけを持って取り組むことにしたのです。

その結果、今では会社員をしていた時よりも遥かに時間とお金に余裕のある生活を送れるようになりました。

  • その日の気分で働く場所を好きなように決められる
  • 満員電車や通勤ラッシュに巻き込まれずに済む
  • 使える時間は自由なので予定を好きなように合わせられる
  • 混雑を避けて平日の空いた時間に外出できる
  • 上司に理不尽なことを言われることもないのでストレスフリー
  • 旅行に行く時は空いてる上に安いから大満足

このような、当時は考えられなかった生活が実現しています。

ただ、何よりも嬉しいことは、「人生にワクワクを取り戻せたこと」です。

最近では、ネットビジネスを通して出会った仲間たちと、好きな時に集まって勉強会をしたり、

都内で勉強会

 
旅行に行ってはしゃいだりと、これまでの人生で今が一番ワクワクしています。

沖縄旅行

これからも、稼ぐことは当たり前として、同じ志を持った仲間たちと一緒にワクワクすることを追求していこうと思っています。

人生を楽しむ為に、お金と時間は紛れもなく大切な要素です。

ただ、お金と時間があっても、ワクワクしない人生は面白くありません。

「金だ金〜!」「稼ぎまくるぞ〜!」という人達もいますが、それってつまらないと思うんです。

少なくとも僕は魅力を感じないし、ワクワクしません。

ネットビジネスは正しく実践すれば、間違いなく成果が出ます。

ですから、僕が大切にしているのは「稼いでどうするか?」で、「自由度の高い仲間たちと一緒に、学びと遊びを全力で楽しむ」。

そこを目指して活動しています。

Naoto
旅行でも行きませんか?(^^)
仲間
いいですねー♪
仲間
全然、行けますよ!
仲間
私も参加します!
仲間
俺も!
 

こんな感じで、お金と時間を気にすることなく、思いつきで旅行に行ったりするのってワクワクしませんか?

ワクワクする人生

もしも僕の考えに共感してくれたのであれば、是非、新しい世界を覗いてみませんか?

現時点では怪しさ満点だと思いますけど(笑
その考えはすぐに変わるはずです。

なぜなら、僕が発信している内容は、「インターネットを使ったビジネスって稼げるんですよ〜」「稼ぐためにはコレとコレとコレを買って下さい!!!!」なんていう、その辺に溢れている情報と違って、インターネットを使ったビジネスの仕組みから具体的なやり方まで、詳しく丁寧に説明しています。

もし、あなたが正しい一歩を踏み出そうと考えているのであれば、そのために必要な情報を全部詰め込んだ独自マニュアルをプレゼントしちゃいます。

「有料でも全然おかしくありませんよ!」って言われるほど濃い情報が詰め込まれた僕の自信作です。

実際に、僕の発信を受け取った事がキッカケで稼げるようになり、脱サラした仲間や、副業で月に65万円高校生が日給8万円など、一般的には信じられないような結果を出される方も沢山いらっしゃいます(メール内では報酬画像も公開しています)。

「やる気のない人はお断り!」なんてことは言いません。

だって、興味本位で新しい世界を知って、それによって人生が変わった人僕はこれまでに沢山見てきていますから。

もし、いらなくなったらいつでも好きな時に解除できるので、少しでも興味がありましたら、是非、お気軽に覗いてみて下さい。

もちろん無料です。

Naotoのメール講座はこちら
 

人生なんて思っているよりも

簡単に変わる

最近は不況ということもあり、未来に希望を見いだせずに絶望している人や、現状以上になることはないと、諦めてしまっている人が多いと感じます。

「人生はそう簡単に変わらない」が常識のようです。

しかし、インターネットが普及して、誰でも手軽に様々な情報を手に入れられる現代では、その常識はむしろ“非常識”になりつつあると思います。

成果を出した仲間達の喜びの声はこちら

逆に、非常識が常識になることだってあります。

昔、日本にハンバーガーが持ち込まれた時、米と味噌汁の日本にハンバーガーなんてものが流行るわけがないと、ほとんどの人が反対していたそうです。

ですが、今ではそこらじゅうにマクドナルドがあり、常識となりました。

 
昔、が開発された時、馬車という気品ある乗り物があるのに、鉄の塊(車)なんていう野蛮な乗り物は不要だと言われていたそうです。

ですが今は馬車ではなく、車が常識になりました。

会社に依存せず個人でお金を生み出し、思い思いのライフスタイルを過ごすことは、「一般的には」、そして「今は」、非常識かもしれません。

しかし、近いうちに会社に頼ることなく、個人で好きなように収入を得てそれぞれが好きな生き方をすることが当たり前になると僕は思っています。

そして、今後それが出来ない人達は時代に取り残されるかもしれません。

そうならない為にも、今のうちから個人で稼ぐ力を養っておくのがいいと思うのです。

あとは、「やる」「やらない」かだけ。

学歴お金人脈何もない僕が出来たわけなので、きっとあなたにも出来るはずです。

もちろん、僕も現状に甘んじることなく、常に向上心とワクワクした気持ちを持って成長していきます。

僕と同じ未来を目指してみたいと少しでも感じたら、是非、一緒に進んでいきましょう。

1分30秒だけ動画を見てみる

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました!

次はメールの中でお会い出来るのを楽しみにしていますね。