ワードプレスにサイトマップを生成するプラグインPS Auto Sitemapの設定

どうも、Naotoです。

今回は「WordPressにサイトマップを生成するプラグインPS Auto Sitemap」についてお話しします。

サイトマップとは?

サイトマップは名前の通り、サイトを案内する地図で、

サイトの目次です。

 

僕のブログにもサイトマップを設置しています

サイトマップ

 

サイトマップには

訪問者用のサイトマップと、

検索エンジン用のサイトマップ

2種類ありますが、ここでは訪問者用のサイトマップについてお話しています。

 

そしてサイトマップを自動で生成してくれるプラグインが

PS Auto Sitemap」です。

 

ワードプレスのテンプレートによっては

最初からサイトマップが生成されていることもあり、その場合は必要ありませんが、

そうでない場合はプラグインを導入してサイトマップを生成することをオススメします。

 

サイトマップを設置するメリット

サイトマップを設置することによって、

どこにどんな記事があるのか?というのがひと目で確認できるので、

訪問者が目的の記事に辿り着きやすくなり、ユーザビリティが向上します。

 

そして、サイトマップを作ることで内部リンクが形成されるので、

SEOの面でも効果があります

 

PS Auto Sitemap

PS Auto Sitemapは、サイトマップを自動生成してくれて、

新しく記事を追加した時も自動でサイトマップに反映してくれますので、

一度サイトマップを設置したら、特にメンテナンスは必要ありません。

 

そしてPS Auto Sitemapはサイトマップのデザインが豊富にありますので、

サイトのデザインに合わせて変更することが出来ます。

 

ちなみにデザインは以下の14種類です。

1.スタイルなし

スタイルなし

 

2.シンプル1

シンプル1

 

3.シンプル2

シンプル2

 

4.チェックリスト

チェックリスト

 

5.蛍光ペン

蛍光ペン

 

6.ドキュメントツリー

ドキュメントツリー

 

7.付箋

付箋

 

8.音符

音符

 

9.矢印

矢印

 

10.ビジネス

ビジネス

 

11.索引

索引

 

12.アーバン

アーバン

 

13.アンダースコア

アンダースコア

 

14.キューブ

キューブ

以上14種類の中から選ぶことが出来ます。

プラグインの導入や設定については動画で解説していますので、ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA