文章の改行をまとめて置換する方法とテキストエディタを紹介【Windows・Mac】

Naoto
じぶんライフ・クリエイターのNaotoです。
今回は文章の改行をまとめて行う(置換する)やり方について解説します。

>>Naotoのプロフィール

改行を1つ1つ手入力でしていませんか?

原稿作成や体裁を整える際に改行を行うと思いますが、1つ1つ手入力で改行するのは意外と面倒な作業です。

特にYouTubeアフィリエイトを実践している場合は、原稿作成の際に必ず改行をして体裁を整える作業が必要なので、それなりの時間を要します。

でも実は、改行をまとめて行う方法があります。それが、置換(ちかん)です。
 

テキストエディタで「。」の後に「改行」を入れる

テキストエディタの置換機能を使えば、「。」の後に「改行」を入れたり、「、」を「。」に置き換えたりなど、原稿の体裁をまとめて整えることが出来てしまいます。

テキストエディタはWindows・Mac共に色々な種類がありますが、僕が愛用しているテキストエディタをご紹介します。

それと同時に、テキストエディタごとの置換のやり方についても解説します。
 

Windowsでおすすめのテキストエディタ

Windowsでおすすめのテキストエディタは「TeraPad」です。
TeraPad

文章の折り返し設定をしておけば、改行地点がひと目で分かって作業が捗ります。

使い勝手はメモ帳とさほど変わらず、とても見やすいテキストエディタなので、初心者でもすぐに慣れるはずです。

それでは、TeraPadで改行置換を行ってみましょう。
 

TeraPadでまとめて改行を行う

今回はこちらの文章をまとめて改行していきます。


 
まず、「Ctrl+R」で置換メニューを開きます。


 
検索 → 置換(R)でも開くことが出来ます。


 
検索する文字列の欄に「。」、置換後の文字列の欄に「。¥n」と入力します。※オプションにチェックが入っていることを確認して下さい。


 
すべて置換で改行が反映されます。


 
1行空けたい場合は、「。¥n¥n」をと入力して置換すればOKです。


 
また、次回からは改行タグを入力せずとも、履歴から選択することが出来ます。


 

Macでおすすめのテキストエディタ

Macでおすすめのテキストエディタは「CotEditor」です。
coteditor

僕はMacとWindowsの両方を使って作業することがよくあるのですが、別のテキストエディタを使用していた時、原稿を共有する際に、文字化や文章の構成が崩れてしまうことがありました。

しかしCotEditorでは、Windowsと互換性のある設定に出来るので、MacとWindowsで共有しても全く問題がありません。

ちなみに僕の設定は、改行コードが「CR/LF」で、エンコーディングが「Unicode(UTF-8)」です。

それでは、CotEditorで改行置換を行ってみましょう。
 

CotEditorでまとめて改行を行う

Macでも、以下の文章を用意しました。こちらをまとめて改行します。


 
まず、「command+F」でメニューを開きます。


 
続いて、検索の欄に「。」を入力。置換に「。\n」と入力します。「\(バックスラッシュ)」の入力方法は、「option+¥」です。


 
ちなみに、置換メニューは他にも色々とあります。


 
では、置換してみましょう。「すべて置換」を選択すると、「。」の後が全て改行されます。


 
1行空けたい場合は、「。\n\n」を入力して置換すればOKです。


 

最後に

今回ご紹介した方法を原稿作成に取り入れるだけで、作業効率が格段に上がり、時間を大幅に短縮することが出来ます。

単純作業やツールで出来てしまう作業は出来る限り任せてしまい、自分の作業時間を可能な限り削っていきましょう。

YouTubeのタグを説明欄に表示させるツール(グーグルクロームの拡張機能:Tags for YouTube)

2017.12.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA