トレンドチャンネルのリサーチ方法と確認すべきポイントまとめ

Naoto
じぶんライフ・クリエイターのNaotoです。
今回はトレンドチャンネルのリサーチ方法についてお話しします。

>>Naotoのプロフィール

トレンドチャンネルとは?

トレンドチャンネルとは、旬の話題を動画にして瞬発的に再生数を伸ばす運営方法です。

旬の話題というのは、日々、テレビやネットニュースで沢山でてくるので、ネタに困ることはありません。

とにかく話題のネタを扱えば良いので、細かなジャンル選定をする必要がなく、気軽に取り組むことが出来るのも、トレンドチャンネルの特徴です。なので、YouTubeアフィリエイト初心者にはオススメだと言えます。

また、動画・画像編集スキル、リサーチスキル、各種設定など、YouTubeアフィリエイトで成果を出すために必要な基礎スキルを身に付けるには、トレンドチャンネルは最適です。

特化型チャンネルとごちゃ混ぜチャンネルの特徴やメリット・デメリット

2017.07.15
 

トレンドチャンネルのリサーチポイント

トレンドチャンネルをリサーチする際に確認すべきポイントをまとめました。
 

急上昇・キーワード検索

YouTubeトップページの急上昇動画はトレンドなのでチェックしておきましょう。


 
また、YouTubeの検索窓にキーワードを入れてチャンネルや動画を検索することも出来ます。


 

動画内容・構成

リサーチチャンネルの動画を確認しましょう。

動画構成(オープニング、本編、エンディング)や、編集クオリティなどもチェックします。


 

タイトル・キーワード

動画のタイトルを確認します。

使用されているキーワードや、チャンネルが重要視しているキーワードをチェックしましょう。また、動画の評価やコメントも確認しておくと、ユーザーの反応が分かるのでオススメです。


 

更新頻度

動画の更新頻度を確認します。

現在もアクティブに動画をアップロードしているかチェックしましょう。


 

チャンネル開設日・総再生数

チャンネル開設日が1年以上前の場合、再現が難しくなってきます。

特にYouTubeアフィリエイト初心者の場合は、運営歴1年、半年以内くらいを目安にしてみると良いです。チャンネルの総再生数も合わせてチェックしましょう。


 

チャンネル登録者数

チャンネル登録を公開している場合は、必ず確認しておきましょう。

その際、「総再生数÷チャンネル登録者数」でチャンネル登録率を割り出します。トレンドチャンネルの場合は、1,000再生に1人いれば十分です。


 

動画本数

対象のチャンネルが投稿している動画本数を確認します。

YouTubeアフィリエイト初心者は300本を基準にしておくと良いです(1日3本投稿なら、3ヶ月で270本)。


 

人気動画

再生数が伸びている動画を確認して、どのような動画に需要があるのかや、ヒットした要因を探ります。


 

説明欄

説明欄では、記載されている内容や関連動画、タグ、引用元などを確認します。


 

関連動画対策

関連動画対策として掲載している動画URLを確認します。

自身のチャンネルの動画か、他チャンネルの動画か、動画のタイトル・キーワード、投稿日、再生数など、どんな動画を選んで関連動画対策をしているのかチェックしましょう。


 

タグ

動画で使用されているタグを確認します。

チャンネル特有のキーワードや、チャンネル・動画でどんなキーワードを重要視しているのかをチェックします。


 

ネタ元

引用元を確認して、どこからネタを拾ってきているのか確認します。

ネタ元が分かったらストックしておき、自身の動画作成にも役立てましょう。


 

登録・関連チャンネル

対象チャンネルが登録しているチャンネルや、おすすめに表示されるチャンネルは関連度が高いので、チェックしておきます。


 

最後に

最初は、確認する項目が多くて大変だと思ってしまうかもしれませんが、繰り返しリサーチしていれば、今回ご紹介した項目は直ぐに確認できるようになります。

冒頭でもお伝えした通り、トレンドチャンネルに関しては細かなジャンル選定をする必要がありませんから、YouTubeアフィリエイトの流れや基礎スキルを養うために、是非チャレンジしてみて下さい。

自由ワーカーになる為のSPパッケージを期間限定でプレゼント(有料級)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA