ワードプレスの投稿画面の使い方

Naoto
じぶんライフ・クリエイターのなおとです。
Naotoの非常識なプロフィールはこちら

今回は「WordPressの投稿画面の使い方」についてお話しします。


ワードプレスの投稿画面の特徴

ワードプレスの投稿画面は直感的に操作することができるので、

初心者の方でもすぐに慣れます。

 

動画では投稿画面の使い方から記事を公開するまでの流れまでを

全て解説していますので、苦手意識を持たずに取り組んでいただければと思います。

 

ワードプレスの投稿画面は直感的に使えるという以外にも、

2種類のエディタを使って記事を書けるという特徴があります。

 

ビジュアルエディタ

ビジュアルエディタでは、入力している文字がどのようにブログで表示されるのかを

確認しながら本文を入力することができます

 

例えば、文字を赤くした場合、

ビジュアルエディタ

このように、ブログで表示されるようにエディタ内でも表示されます。

 

 

テキストエディタ

テキストエディタでは、HTMLを入力することが出来るので、

ビジュアルエディタよりも細かな設定が出来ます

 

例えば、文字を赤くした場合、

ビジュアルエディタ

テキストエディタでは、このように表示されます。

 

ビジュアルとテキストどちらを使えばいいの?

ビジュアルエディタ、テキストエディタ、

それぞれメリットがあるので、

僕のオススメは基本的にはビジュアルエディタを使用して、

細かな設定がある場合はテキストエディタに切り替えるという使い方です。

 

ただ、使用しているうちに自分に合った使い方が見つかるかと思います。

 

 エディタのカスタム

そして、エディタはカスタムが可能で、

アイコンや編集の種類も追加することが出来ます

 

エディタのカスタマイズに関してはこちらで解説していますので、

ぜひ参考にしていただければと思います。

ワードプレスのエディタ機能追加プラグインTinyMCEAdvancedの設定方法

=======================

「すみません・・・。会社辞めます。」

僕は上司にそう伝え、自分の人生を生きると決意。

10年の会社員生活にピリオドを打った僕は、
お金も人脈も特別なスキルも、
何もない状態で起業しました。

当時、パソコンすら持っていなかったので、
常識的に考えればかなり頭のおかしい選択です。

しかし、気が付いたら会社員時代の
5倍以上の収入を得ていました。

今は時間や場所を気にすることなく、
自分の意思で様々な選択や決断を自由にしています。

今の時代、個人が会社に依存せずに
自分らしいライフスタイルを実現させることは、
難しいことではありません。

事実、僕が関わる人達も、
サラリーマン、主婦、学生、問わず、
自分の力で収入を生み出しています。

以下の記事では、僕の生い立ちから
現在に至るまでの物語を綴っています。
↓  ↓  ↓
会社の危機で人生変わった話

=======================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA