YouTube500エラー(猿)の原因と対処法!可愛くて面白いと話題

Naoto
YouTubeで500エラーが発生しました…

YouTubeで500エラー発生!かわいい猿がお出迎え

YouTubeの管理画面(クリエイターツール)にログインしようとしたら、「500 Internal Server Error」と表示され、カナヅチを持って防止をかぶった紫色のサルが現れました。

いつもなら管理関係のエラーが出るとちょっと焦るんですけど、今回のエラーばかりは、不覚にも「何この猿・・・凄くカワイイんだけど・・・」と思ってしまいました。

まぁでも、癒やされているだけでは何も解決しないので、エラーの内容を調べます。

500 Internal Server Errorの原因と対処方法

まず、YouTubeの500エラーの正体ですが、これはサーバーエラー

つまりYouTube側が原因で発生しているエラーです。

特にビジネスでYouTubeを利用している場合、「もしかして、何かやらかしてしまったのか!?」と心配になってしまいますが、ユーザー(こちら)側に問題があるわけではありません。

ですから、安心して下さい。

そして対処方法は、YouTubeがサーバーエラーを解決してくれるまで「とにかく待つこと」です。

Naoto
今回発生した500エラーも5分ほどしたら解消されていました(ページを更新すればOKです)

場合によっては10分以上「500 Internal Server Error」と表示されたまま、いつものYouTube画面に戻らないことがあるかもしれません。

ただ、基本的にはYouTubeが解決してくれるまで待つしかありません。

YouTube500エラー(サル)の翻訳が面白いと話題

冒頭でお話しした500エラーと共に表示される紫色の猿ですが、見た目が可愛いだけではなくて、エラー内容の翻訳が面白いと話題になっています。

それでは実際に翻訳してみましょう。

申し訳ありませんが、何かが間違っていた

この状況に対処するために、

高度に訓練されたサルのチームが派遣されました。


話題になっているのは、「高度に訓練されたサルのチームが派遣されました」 の部分です。

Twitterでも、「高度に訓練されたサルのチームってwww」という内容と合わせて、翻訳内容をキャプチャした画像がツイートされていました。

Naoto
エラーになった人の中には、「エラーなのに緊張感が無さすぎ!!」という意見もあるようですが、個人的には凄く好きです(笑


ちなみに、以前は猿の画像は表示されず、テキストしか表示されませんでしたが、新しいデザインに変更されたようです。

このお猿さんが表示されるなら、万が一ペナルティを受けたとしても許せます。

・・・いや、絶対に無理ですね。

最後に

ということで今回は、YouTubeの500エラー(500 Internal Server Error)で、赤い帽子を被った紫色の猿が表示された時の原因と対処法についてでした。

Naoto
もし、同じエラーが発生した際は、数分後にYouTube画面を更新してみて下さい
>会社に依存しない自由な生き方をWebで実現

会社に依存しない自由な生き方をWebで実現

リバティーツアーでは、僕が知識0、スキル0、資金ほぼ0、パソコンなしの状態から、どのようにして月700万を稼げるようになり、自分らしいライフスタイルを送れるようになったのか?という物語を、成功・失敗事例を交えて、ありのままお伝えします。【今なら、0から月収100万を達成する秘密をギュッと詰めた教材をプレゼント】

CTR IMG