YouTubeアフィリエイトの全体像と初心者にオススメの流れ

今回はYouTubeアフィリエイトの全体像についてお話しします。

これからYouTubeアフィリエイトに取り組もうとする場合、3つのステップに沿って作業を進めていけば、効率的に結果を出すことが出来ると考えています。

  1. ごちゃ混ぜチャンネル運営
  2. 特化型チャンネル運営
  3. 複数チャンネル運営

ごちゃ混ぜチャンネルと特化型チャンネルの運営方法や特徴についてはこちらの記事で解説しています。

特化型チャンネルとごちゃ混ぜチャンネルの特徴やメリット・デメリット

2017.07.15

それでは、運営の流れについてもう少し詳しくお話ししていきます。
 

ごちゃ混ぜチャンネル運営

まず、YouTubeアフィリエイト初心者が初めに取り組んだ方が良いのがごちゃ混ぜチャンネルの運営です。

こちらは主に、「YouTubeアフィリエイトの流れを把握する」といった目的で取り組みます。

まずは実践をしてみて、YouTubeアフィリエイトの基礎スキルを養います。

基礎スキルというのは、リサーチ力、動画編集スキル、チャンネル運営スキルなどのことです。

また、ごちゃ混ぜチャンネルは報酬が発生するのが早い傾向にあるので、稼ぐ感覚を養えるといったメリットもあります。

そして、ごちゃ混ぜチャンネルである程度のスキルが身に付きましたら、早い段階で次のステップの「特化型チャンネルの運営」に移行しましょう。
 

特化型チャンネル運営

特化型チャンネルの運営がYouTubeアフィリエイトの肝で、このステップで資産となるチャンネルを本格的に構築していきます。

特化型チャンネルでは大きな収益を狙うことが出来、1チャンネルで30万円以上を稼ぐことも十分可能です。

その為に必要になってくるのがモデリングで、成功しているチャンネルをリサーチして、自身が運営するチャンネルを成功に近づけます。

また、実践と改善を繰り返して資産チャンネルを育てていく中で、収益とスキルが更に向上させていきます。

そして、特化型チャンネルである程度の収益を上げることが出来、YouTubeアフィリエイトで稼ぐ感覚が研ぎ澄まされてきたところで、複数のチャンネルを運営していきましょう。
 

複数チャンネル運営

このステップでは、チャンネルを増やして収益を拡大させていきます。

尚、構築するチャンネルは、資産になりやすい特化型チャンネルがオススメです。

複数のチャンネルを運営する目的としては、収益拡大の他に、「リスクを分散できる」といった意味もあります。

月に30万円の収益を上げてくれるチャンネルを1つ運営しているよりも、月に10万円の収益を上げてくれるチャンネルを3つ運営していた方が、確実にリスクを分散することが出来ます。

万が一、30万円のチャンネルが潰れてしまったら、翌月から収益が0になってしまいます。

ですが、10万円のチャンネルを3つ運営している場合、仮に1つ潰れてしまったとしても20万円の収益は上がり続けます。

最初は1つのチャンネルに力を入れて育てていく必要がありますが、ある程度育ってきたら、しっかりとリスクヘッジをしていきましょう。

ただ、ここで問題が出てきます。

チャンネルを複数運営すれば収益を拡大させることが出来ますが、1人で管理していては時間が足りなくなってきます。

そこで取り入れてもらいたいのが自動化の仕組みです。
 

自動化(外注化)

このステップに移行する頃には、YouTubeアフィリエイトのスキルが身に付き、しっかりと収益を上げることが出来ているので、チャンネルの運営を自動化させて自分の時間を増やすということをしていきます。

その為に必要なのが外注化です。

今ではネット上で簡単に人を雇うことが出来ますし、かなり低資金で仕事をお願いすることも出来てしまいます。

自分以外でも出来そうな作業は積極的に外注化して、自分しか出来ない仕事(新規チャンネルの構想やリサーチ)に注力しましょう。

他人の時間をお金で買うという経営者の思考を取り入れることによって、効率よくビジネスを進められるようになります。

ということで今回は、YouTubeアフィリエイトの全体像と初心者にオススメの流れについてお話しさせて頂きました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

自由ワーカーになる為のSPパッケージを期間限定でプレゼント(有料級)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA