Youtubeアナリティクスの見方と対策方法【実践編】

Naoto
じぶんライフ・クリエイターのNaotoです。
今回はYouTubeアナリティクスを使ったデータ分析について解説します。

>>Naotoのプロフィール

Youtubeアナリティクスの確認方法と改善方法【理論編】

2017.12.01

YouTubeアナリティクスの確認方法

チャンネルのデータは、クリエイターツールのアナリティクスの項目から確認することが出来ます。

概要では、チャンネル全体の再生時間や視聴回数、平均視聴時間、推定収益など、大まかなデータを確認することが出来ます。

これから説明するユーザー層やトラフィックソースのデータをまとめて確認することも出来るので、確認頻度が高い項目です。
 

リアルタイム

リアルタイムでは、過去48時間と過去60分間の推定視聴回数を確認することが出来ます。

48時間のデータだけではばらつきがあるので、1週間くらいは確認して、どの時間帯に再生数が伸びやすいのかを把握しておきましょう。
 

視聴者維持率

視聴者維持率では、チャンネル全体と動画単体の平均視聴時間と平均再生率を確認することが出来ます。

特に再生率が低い動画に関しては、離脱箇所を確認して、離脱原因を解明しましょう。


 

ユーザー層

ユーザー層では、動画を視聴してくれているユーザーの年齢や性別を確認することが出来ます。

ユーザー層を確認することで、適切なネタ選定や動画編集を行うことが出来ます。
 

トラフィックソース

トラフィックソースでは、動画再生に至るまでの流入経路を確認することが出来ます。

トラフィックソースの主な種類には、関連動画、外部、YouTube検索、ブラウジング機能、チャンネルページなどがあります。特に、関連動画とYouTube検索は重要です。

▼関連動画

▼外部

▼YouTube検索

▼ブラウジング機能


 

端末

端末では、ユーザーがどの端末から動画を視聴しているのかを確認することが出来ます。

パソコン、携帯(スマホ含む)、タブレット、ゲーム機、テレビなどがありますが、恐らく、パソコンと携帯がほとんどの割合を占めていると思います。

なので、パソコンか携帯の比率に応じて、動画構成や演出を改善していくのが良いでしょう。
 

最後に

YouTubeアナリティクスでのデータ分析の方法や改善方法についてお話させて頂きましたが、一番大切なのは、動画を見ているのは感情を持った人間であるということをしっかりと意識してチャンネル運営をすることです。

YouTubeアフィリエイトを実践する上で、最初はとにかく、1つでも多くの動画を編集・投稿する必要があります。

ですが、作業量だけを重視して機械的に動画をアップロードし続けているだけでは、チャンネルの伸びが頭打ちになってしまう為、チャンネルの属性と視聴者のことを考えた動画投稿も意識しておくといいかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA