YouTubeのアップロード動画デフォルト設定の方法

ABOUTこの記事をかいた人

Naoto@じぶんライフ・クリエイター

20代後半で脱サラして起業。複数のWebメディア運営、動画・デザイン制作など、主にインターネットを使ったビジネスをしています。 個人が会社に依存することなく、場所と時間にとらわれずPC1台で自由に稼ぎ、自分らしいライフスタイル『じぶんライフ』を実現してもらう為の活動に注力中。

今回はYouTube動画をアップロードした際のデフォルト設定についてお話しします。

今回の設定をしておけば、今後アップロードする動画に設定内容が反映される為、例えば、毎回同じタグを入力したり、説明欄に毎回同じ文言を書き込む必要がなくなります。

設定するのは主に以下の内容です。

  • プライバシー
  • カテゴリ
  • タイトル
  • 説明
  • タグ
  • コメントと評価
  • 収益受け取り
  • 動画の統計情報

 
尚、動画での解説は、こちらの記事からご覧いただけます。

YouTubeのチャンネル名変更と詳細設定(初期設定)のやり方

2017.07.17

 
アップロード動画のデフォルト設定を行うには、クリエイターツールにある「チャンネル」を選択します。


 
チャンネルをクリックすると、「アップロード動画のデフォルト設定」が出てくるので、そちらをクリックします。


 
それでは、上から順番に設定していきましょう。

まず「プライバシー」ですが、動画をアップロードした際の「公開、限定公開、非公開」を選択できます。


 
次に「カテゴリ」です。

カテゴリは投稿する動画によって変わるかもしれませんが、その都度変更できますので、一番使用頻度の高そうなカテゴリを選んでおくといいと思います。


 
ライセンス」はそのままで大丈夫です。タイトルも基本的にはそのままで問題ありませんが、毎回同じキーワードを入れる予定であれば設定しておいてもいいでしょう。

説明」欄には、チャンネル登録を促したり、毎回使いまわせる文言を入力しておくことをオススメします。


 
続いて「タグ」ですが、こちらには汎用性が高いキーワードを入力しておくと良いです。


 
コメントはデフォルトだと「全て許可」するになっていますが、「承認制」に変更することも出来ます。

また、動画の評価をユーザーに表示させるかどうかも設定可能です。


 
次に「収益受け取り」です。

動画を収益化させる場合はチェックマークを入れて、「同意する」をクリックして下さい。


 
広告フォーマット」はそのままの設定で問題ありません。

それと、ミッドロール広告を挿入させたい場合はチェックを入れると、自動で挿入されるようになります。


 
動画の言語」は日本語でOKです。


 
以下の項目は必要であれば設定してみて下さい。

  • 視聴者への翻訳依頼
  • 字幕の設定
  • 動画の改善点の提案
  • 動画の撮影場所

 
今回は飛ばします。


 
最後は「動画の統計情報」です。

動画の統計情報を公開したくない場合はチェックマークを外して下さい。


 
設定が終わりましたら、右上の「保存」をクリックしましょう。


 
変更を保存しました。」と表示されれば設定完了です。

 

最後に

ということで、今回は動画のデフォルト設定についてでした。

冒頭でもお話ししましたが、今回の設定をしておけば、今後アップロードする動画に設定内容が反映される為、毎回同じタグを入力したり、説明欄に毎回同じ文言を書き込む必要がなくなります。

効率的にYouTubeアフィリエイトを実践する為にも、是非、設定しておくことをオススメします。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

自由ワーカーになる為のSPパッケージを期間限定でプレゼント(有料級)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA