YouTubeアフィリエイトのジャンル決め【ジャンル選定STEP3】

Naoto
どうも、なおとです。

今回はYouTubeアフィリエイトのジャンル決めについてお話しします。

>>Naotoのプロフィール

ジャンル選定については複数の記事を用意しています。

  • ジャンル選定の全体像
  • 【STEP1】ジャンルリサーチ
  • 【STEP2】データ分析
  • 【STEP3】ジャンル決定 ← 今ココ

 

1つ前の、STEP2データ分析はこちらからどうぞ。

YouTubeのデータ分析で稼いでるチャンネルを特定【ジャンル選定STEP2】

 

今回のジャンル決定では、

モデリングチャンネルの候補をピックアップして

参入ジャンルを決定し、

どのようにチャンネルを運営していくのか

といった部分についてお話しします。

 

まずは、モデリングチャンネルの候補についてです。

 

モデリングチャンネルの候補

モデリングチャンネルは

最低でも3つ以上見つけることをオススメします。

出来れば5つくらいあるといいです。

 

モデリングチャンネルの候補とするポイントとしては、

チャンネル全体から見た再現性と、

直近の運営状況を確認することです。

 

再現性については、動画編集スキルと、

  • ネタ選定
  • サムネイル画像(画像編集)
  • タイトル&キーワード選定
  • 関連動画対策

などの運営スキルといった総合的な要素を考慮して、

再現できるかどうかをよく確認します。

 

ただ、単純に再現できればそれで良いというわけではなく、

二番煎じにならない為に、

いずれはモデリングチャンネルのクオリティを

上回る意識で運営する必要があります。

 

直近の運営状況については、

  • 動画投稿の頻度
  • 最新動画の再生数
  • ヒット率

などをしっかりと確認しましょう。

 

参入するジャンルが決定し、

モデリングチャンネルの候補を見つけることが出来ましたら、

本格的にチャンネルを運営していきます。

 

運営開始

運営は以下のように進めていきます。

  1. ネタ探し
  2. 動画作成
  3. 検証、改善

 

それぞれ見ていきましょう。

 

ネタ探し

ネタ探しとは、動画にする題材を探すことで、

ネタ探しの方法はいくつかあります。

 

1つがモデリングチャンネルから探す方法です。

モデリングチャンネルを参考に

  • 人気動画
  • 関連動画
  • 検索エンジン
  • YouTube検索

などから探す方法があります。

 

その際に動画を分析するわけですが、

動画のデータ分析では、

  • 伸び具合
  • 平均視聴時間
  • 平均視聴者維持率

などを確認します。

 

そして、動画にするネタが決まったら、

その都度動画にしていくのもいいですが、

僕がオススメするのは、

予めネタをリスト化しておく方法です。

 

一度に複数のネタをまとめて探してしまい、

収集したネタを、ExcelやGoogleスプレッドシートなどで管理します。

 

そうすることによって、

ネタ探しの作業と動画編集の作業を分担することが出来、

効率よく作業を進めることが出来ます。

 

動画作成

ある程度ネタをまとめることが出来ましたら、

いよいよ動画作成です。

 

動画の大まかな構成は

オープニング、本編、エンディング

というシンプルなものですが、

重要な点は、チャンネルコンセプトを

これらに反映させて統一感を出すことです。

 

 

あとは、ひたすらネタに沿って動画を増やしていきます。

そしてある程度、動画の本数が増えてきたところで、

検証と改善を行います。

 

検証と改善

まずは需要の確認をします。

動画本数の目安とそれに対する確認事項や対応は

このような感じです。

30本〜50本 → 動画の伸び具合

100本 → チャンネル登録者の割合

200本 → 継続 or 打ち切り

300本 → 更新頻度の調整

 

この際、データ解析を怠らずに行いましょう。

YouTubeのアナリティクスを使えば、

かなり細かなデータを確認することが出来る為、

是非、活用してみて下さい。

 

そしてデータ解析を基に

  • ネタ選定
  • 動画構成
  • 関連動画対策

を改善していきましょう。

 

ちなみに、ごちゃ混ぜチャンネルの場合は

再生数にフォーカスして、

特化型チャンネルの場合は、

チャンネル登録者の割合にフォーカスします。

 

それぞれのチャンネルの特徴については

こちらの記事をご覧ください。

特化型チャンネルとごちゃ混ぜチャンネルの特徴やメリット・デメリット

 

 

最後に

今回はジャンル決めということで、

モデリングチャンネルの候補と、

YouTubeチャンネルの運営、

検証・改善についてお話しさせて頂きました。

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です