YouTubeタイトルのキーワード選定とgoodkeywordの使い方

Naoto
じぶんライフ・クリエイターのNaotoです。
今回はYouTubeのタイトル付けのポイントについてお話しします。

Naotoの非常識なプロフィールはこちら

タイトルの目的

まず、タイトルの目的についてですが、YouTube動画のタイトルの目的は2つありまして、1つは、YouTubeや検索エンジンを意識した『検索結果に表示させる』目的。

もう1つは、ユーザーを意識した『動画をクリック(再生)してもらう』目的です。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

 

検索結果に表示させる

検索結果に動画を表示させる為のポイントは『キーワード』です。

需要のあるキーワードをタイトルに含めることによって、検索結果に表示される可能性が高まります。

キーワードの探し方は、『YouTube検索を使う方法』と、『キーワードツールを使う方法』の2つがあります。

 

YouTube検索を使ったキーワード選定

YouTube検索を使ってキーワードを探す場合は、まず、動画に関連するキーワードを検索窓に入力します。


 
検索窓にキーワードを入力すると、以下のようにサジェスト(候補)キーワードが表示されますので、表示されたキーワードを参考にして、タイトルに含めます。


 

キーワードツールを使ったキーワード選定

今回ご紹介するのは、『goodkeyword』という無料で利用できるキーワードツールです。


 
使い方は凄く簡単で、検索窓にキーワードを入力して、検索ボタンをクリックするだけです。

そうすると、GoogleとBingのサジェストキーワードが一覧表示されます。


 
キーワードの右側に「G」「B」「Y」と表示されていますが、「G」はGoogleの検索エンジン、「B」はBing、「Y」はYahooの検索エンジンという意味です。

それでは、「Y(Yahoo)」をクリックしてみましょう。


 
そうすると、Yahooの検索エンジンに飛びます。

そして、ページの上下にキーワードが表示されるのですが、実は、Yahooの場合はサジェストキーワードではなく、実際に検索されているキーワードが表示されます。


 
ですから、僕はキーワード選定の際、GoogleよりもYahooを使うことの方が多いです。

goodkeywordには他にも、「マルチサジェスト」という機能があります。


 
マルチサジェストを選択すると、様々な検索候補が表示されます。

中にはYouTube検索もある為、実はこのツール1つで、前に紹介したYouTube検索も出来てしまうのです。


 
以上の方法でキーワード選定を行って頂き、キーワードをタイトルに含めて検索結果に表示されるように、対策をしていきましょう。

タイトルにキーワードを含める際の注意点としまして、狙っているキーワードは出来る限り左に寄せることをオススメします。理由は、検索エンジンは左にあるキーワードほど重要視する傾向にあるからです。

例えば、「雑学」というキーワードで検索結果に表示させたいのであれば、「面白くて笑える雑学の動画まとめ」というタイトルよりも、「【雑学】面白くて笑える動画まとめ」のようなタイトルの方が評価されやすいということになります。

 

ユーザーを意識したタイトル

こちらは、ユーザーに『動画をクリック(再生)してもらう』ことが目的です。タイトルを見た時に、「動画の内容を知りたい!」と思ってもえるようなタイトルにするということですね。

ただ、動画の内容を見てもらえればどんなタイトルでも良いのかというと、決してそうではなくて、「サムネイル画像」「動画内容」と関連性を持たせる必要があります。

 
タイトルで興味を惹く為には、『感情を刺激するキーワード』を使うと効果的です。

例えば、「実は●●だった!?」「●●の理由・真相」など、ユーザーに「(動画の内容が)気になって仕方がない!」と思ってもらえれば大成功です。

そして、ユーザーを意識したタイトル付けは、再生数が伸びている動画を参考にしてみて下さい。

特に、急上昇にある動画、モデリングチャンネル、人気YouTuberなどの動画タイトルが参考になります。

 

タイトル付けで気を付けるべきポイント

まず、タイトルと動画の内容が乖離しないように注意しなければいけません。

タイトルがいくら魅力的であっても、動画の内容が伴っていなければ、ユーザーに、「釣られた(騙された)」と思われてしまいます。そのような場合、チャンネルの評価が下がってしまう可能性があります。

チャンネルの評価とは、

  • 視聴者維持率の低下
  • 動画評価の低下
  • チャンネル登録者率の低下

などがあります。

 
ただ、1つだけ意識することで、これらの問題は解決します。

それは、『タイトルで感情を不安定にさせて、動画で安定させる』という意識です。

<良い例>
タイトルで「何これ!?気になる!」
→再生・視聴
→「そういうことか(^^)、なるほどね♪

<悪い例>
タイトルで「何これ!?気になる!」
→再生・視聴
→「タイトルと動画の内容が全然、違うし!(モヤモヤ…)

この意識を持ちながら、タイトル付けや動画作成をすることで、タイトルと動画内容の乖離を防ぐことが出来ます。

 

最後に

動画を再生してもらう為には、タイトルとサムネイル画像の2つがとても重要です。

特にタイトルに関しては、検索エンジンからの流入も見込めるので、是非、検索エンジンとユーザーの両方を意識したタイトル付けが出来るように意識してみましょう。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA